体臭対策サプリ

体臭対策サプリ

ベトベトする嫌なニオイ「汗臭」


 

毎年、暑い季節になると毎日汗だくになって身体や衣服が汗臭くなってしまったり、ベトベトとして不快感が凄いですよね。しかし、ご存知でしたか?本来、汗に含まれる成分のほぼ99%以上が水で構成されている為、ほとんどサラサラで臭わないことを。

 

「じゃあなぜあんなにベトベトして汗臭いのか?」

 

それは、汗の種類とその成分に原因があるからなのです。汗は皮膚の表面で蒸発することで体の熱を奪い、体温調節をしてくれる人の体に備わった大切な機能です。この汗をかかないと熱中症などになりやすくなってしまいますので、かかないわけにはいきません!

 

こちらで解説する、汗臭くなる原因やベトベトした汗や汗臭を改善する方法を知って、サラサラと臭わない気持ちいい汗をかける身体になりましょう。

 

2種類の汗腺

まずは、汗の種類について知っていただきたいと思います。人には汗を分泌する「汗腺」とよばれる器官が、皮膚の奥深くから表面まで伸びた管状に存在します。この汗腺は、「エクリン腺(小汗腺)」「アポクリン腺(大汗腺)」という2種類が存在します。

 

エクリン腺

エクリン腺とは、体温調節機能に発達した汗腺で人の体のほぼ全身にあります。これは、私たち人類の発達した「脳」を熱から守る為に、進化とともに体温調節機能に特化した汗腺が発達した為だと考えられています。

 

その為、エクリン腺から分泌される汗は体温調節が優先の為、ほぼ水分構成されていて臭いもほとんど感じません

アポクリン腺

アポクリン腺とは、昔から哺乳類に備わっている汗腺です。発達したエクリン汗腺をもつ私たち人類は脇、陰部、乳首、耳の中などの一部分にのみに、この汗腺は存在します。

 

アポクリン腺から分泌される汗には脂質やタンパク質が含まれていて少し粘性があります。この汗腺からかく汗は「フェロモン」ともいわれ、哺乳類が互いに個体として識別する為や、生殖の為に必要な機能として存在すると考えられていて独特の臭いを感じます

 

 

つまり、アポクリン汗腺から分泌される汗が臭いの原因であるといえます。とくにワキガの原因は、このアポクリン腺にあるといわれています。しかし、ベトベトと汗臭い汗の原因はコレだけではありません!じつは他にもその原因となる要素があります

 

ベトベト汗の臭いの原因

 

本来はほぼ臭わないエクリン腺の汗、しかし、エクリン腺の機能があることで低下してしまうことで強い汗臭を放つことがあります。そのエクリン腺の機能を低下させてしまう原因とは「運動不足などのよる体質の変化」です。

 

汗腺から分泌される汗は、血中の水分から生み出されます。この水分の中には血中の塩分などの栄養素が多く含まれていますが、この栄養素が汗として流れ出ないように血中へ戻す機能が私たちには備わっています。

 

しかし、クーラーの効いた部屋でずっといたり、運動不足などにより汗をあまりかかなくなると、この血中の栄養素を戻す機能が衰えてしまいます。その為、塩分などの栄養素が汗に混ざり汗臭やベタつきを伴います。

 

さらに、汗腺は全身のすべての汗腺が同時に働いているわけではないので、機能が落ちた汗腺の負担が、正常に働いている汗腺に影響しさらに機能低下を促し、悪循環を生むこともあります。こうなれば、ますます汗の臭いが強くなるでしょう。

 

臭い汗をかく体質の改善方法

では、この臭いのキツい汗をかいてしまう体質は、どのようにすれば改善されるのでしょうか・・・

 

  1. 適度な運動
  2. 汗腺を刺激する
  3. クーラーにあたり過ぎない

 

この3つの改善方法について解説します。

 

1.適度な運動

 

汗が臭くなるのは運動不足から体質が変化することが多いです。適度な運動で体にいい汗を流しましょう。オススメは、ウォーキングやジョギングなど有酸素運動を20~30分を週3回以上することです。大切なことは汗を流すこと、無理するとストレスになり、体臭が強くなるので自分に合わせて、無理なく運動してください。

 

2.お風呂で身体を温める

 

身体を温めると、汗腺が刺激され機能が低下した汗腺が活発になります。温めかたは、両手両足をお湯に浸ける方法が、効果的といわれています。お湯に浸ける際は、肘、膝から下の部分をしっかり湯船に浸けてください。手足の先を温めると、血流も良くなり身体が温まります。しだいに汗が全身から噴出してきて、汗腺の機能が戻ってきます。

 

目安としては、40度くらいの熱めのお湯に15分程度浸け、汗が噴出してきたら少しお湯をぬるめて下さい。汗が滴り落ちるくらいが理想的です。もしも入浴中に気分が悪くなった場合は中断しましょう。

 

3.クーラーにあたり過ぎない

 

夏はとても暑く熱中症に気をつけなくてはなりませんが、クーラーで身体を冷やしすぎるのもよくありません。自律神経が乱れ、発汗作用が正常に働かなくなります。クーラーの温度はすこし高めに設定するなどして、ジワリと汗をかくようにしましょう。

 

まとめ

こちらではベタつく汗の臭いの原因は、汗腺機能の低下で起きるということについて解説させていただきました。気になる汗の臭いの対策には、体質改善のために運動など汗をあえてかくことが一番良いということでした。

 

しかし、この対策方法はすぐに効果が出るわけではありません。どうしても急場で汗臭を抑えたい、そんな時には清潔なタオルや市販の汗拭きシートなどで、汗をしっかりふき取ることが大切です。制汗スプレーなどで汗を抑える際は、吹きつけすぎに注意しましょう。

 

臭いや汗を改善するならコチラのサプリ

 

いろんな種類の体臭

TOPへ戻る