体臭対策サプリ

体臭対策サプリ

体臭と食べ物の関係


 

体臭が強い人の多くは、食生活に問題があるといわれています。それは、なぜかというと、体臭のニオイの大半は、汗に混ざる分泌物のニオイが占めています。この汗の中に含まれる「皮脂」は、酸化することで「過酸化脂質」という成分に変化します。

 

この過酸化脂質は、強いニオイを放つ性質を持っている為に、特にキツイ体臭としてあらわれます。このニオイの原因へと変化する皮脂は、ある食べ物を食べると分泌が過剰になってしまいます。それは、肉などの脂っこい食事に多い「動物性タンパク質」「動物性脂肪」です。

 

また、この動物性のタンパク質や脂質は、消化にも悪いので腸内に残りやすく、ウェルシュ菌や大腸菌の悪玉菌によって分解されることで、「アンモニア」「アミン」等の悪臭物質を生み出す原因にもなります。この悪臭物質は、おならや便臭として出たり、血液を通して汗に混ざり体臭としてあらわれます。

 

つまり、脂っこい食事ばかりをしている方は、皮脂の過剰分泌や体内に悪臭物質を作りやすくなるので体臭が強くなるのです。このように体臭と食べ物には、強い因果関係があります。

 

体臭を強くする食べ物

それでは、体臭を強くしてしまう食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?分かりやすいように、大きく次の4つに分けてご説明します。

4つに分類する体臭を強くする食べ物

  • 肉類
  • お酒、コーヒー、紅茶など
  • ジャンクフード
  • ニンニク
  • 唐辛子などの辛い食べ物

この4つの食べ物に関して詳しくお話いたします。

肉類

 

上記でもお話しましたが、牛肉や豚肉などの肉類は、野菜に比べて腸内で消化されるのに時間がかかります。腸内に長くたまっていると、それをエサに増殖する悪玉菌がニオイ物質を作り出します。この悪臭物質が増えると汗や便などから強い体臭が出るようになります。

 

また、動物性のタンパク質や脂質は、汗のニオイの元「皮脂」の分泌を過剰にさせてしまうので、酸化してしまった皮脂が強いニオイを放ちます。

 

お酒、コーヒー、紅茶など

 

お酒に含まれるアルコールは血管を拡張させたり、汗腺の活動を活性化させる働きを持っています。これにより発汗が過剰になることで汗に混ざる皮脂も増えるため体臭が強くなります。

 

また、アルコールやコーヒーなどに含まれるカフェインを摂りすぎると、腎臓や肝臓といった体内の悪い物質を「ろ過」してくれる内臓に負担がかかってしまい、その内臓の機能が低下してしまいます。これにより身体に悪い物質(悪臭物質など)が溜まり、血中に混ざる為、汗や尿などから排出される際に、強い体臭としてあらわれます。

 

ジャンクフード

 

ファストフードやインスタント食品、特にフライしたカップ麺などには大量の油が含まれています。この油は、汗のニオイの元「過酸化脂質」を生み出す原因になります。また、これらの食材は合成保存料などの添加物も多く含まれているために、消化にも悪く腸内で悪臭物質を生む悪玉菌の繁殖につながり、体臭を強くします。

 

ニンニク

 

ニンニクは、元々ニオイの強い食材です。これは「アリシン」と呼ばれるニオイ物質によるものですが、このアリシンは、私たちの体内で分解されることで、さらに強いニオイ物質へと変化します。これが吐息や汗などに混ざることで体臭が強くなります。

 

唐辛子などの辛い食べ物

 

唐辛子などの辛い食べ物の刺激は、汗腺の働きを活発にします。その為、発汗が促進され皮脂の分泌も多くなるので、体臭が強くなります。また、唐辛子などの刺激物は、食べすぎてしまうと胃腸に負担がかかり、不調を起こしてしまいます。これにより口臭、便臭、汗臭などの体臭が強くなります。

 

発酵食品である「キムチ」は唐辛子を利用していますが、腸内環境を整えてくれるので、腸の不調から来る体臭の改善に役立ちます。しかし、とてもニオイの強い

体臭を改善する食べ物

それでは、逆にどのようなものを食べれば体臭を抑えることが出来るのでしょうか?それは、次のようなものになります。

 

1.腸内環境を整える食品

食物繊維や乳酸菌を摂ることで、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らします。腸内で悪臭成分の産生を抑制してくれるので、ニオイの物質を便とともに体外に排出します。

・食物繊維の多い食べ物・・・緑黄色野菜・海藻類・玄米・きのこ類

・乳酸菌を含む食べ物・・・ヨーグルト・キムチ・ぬか漬け

 

2.抗酸化食品

体臭を引き起こす原因に皮脂の酸化があります。これは体内で発生する「活性酸素」によって活性化してしまいます。この皮脂の酸化を強める活性酸素を抑えるには、抗酸化作用ある成分が含まれた食べ物が効果的です。

・ポリフェノール・・・緑茶、ほうじ茶、紅茶

・リコピン・・・トマト

・セサミン・・・ゴマ

 

3.アルカリ性食品

体内の血液の性質が酸性に傾きすぎると、体の抵抗力が弱まって体臭が強くなってしまうといわれています。これを改善するには、普段からアルカリ食品を適度に摂り、血液を健康的な「弱アルカリ性」に保つことが大切です。

 

血液が弱アルカリ性になることで、体臭を抑えることができ、さらに胃腸などの内臓も健康になるので胃腸内の不調からくる体臭も改善されます。

梅干し

お酢

 

コンビ二弁当を食べると体臭がきつくなる??

 

コンビニ弁当で使われている食材は品目が少なく、一般的にお米・梅干し・肉・ポテト・野菜3~5種類・小麦と、この程度です。一般的に食材は、1日30品目食べるのがいいといわれています。しかし、コンビニ弁当では多くても約15品目ぐらいしかとれません。

 

1日3食、コンビニ弁当ばかり食べていると、腸内細菌のバランスが偏って、体臭が強くなってしまいます。しかし、忙しくてバランスのよいお弁当を作っている暇なんてない方もいますよね。そんな時は、食べる品目を増やしましょう。

 

例えばコンビニにおいてある「ひじき」は、食物繊維の多い海草でアルカリ性食品ですのでとてもいいです。とくに五目ひじきなら、品目数も稼げますのでさらにオススメです。もちろん生野菜サラダなども体臭改善の為に必要なバランスのいい食事には欠かせません。

 

コンビニ弁当を食べることが多い方は、品目を増やして強い体臭が出ないように気をつけましょう。

 

まとめ

体が発するニオイ、つまり体臭は食べ物の影響を大きく受けています。体臭を強くしてしまう食べ物ばかり食べていると、それだけ体臭は強くなってしまいます。

 

そこで、体臭を抑えることが出来る「腸内環境を整える食品」、「抗酸化食品」、「アルカリ性食品」この3つの食品が大切になります。この3つを意識した食事をすれば体臭予防になりますので、自分の体臭が気になっている方は、まず食生活を見直してみてはいかがでしょう。

 

体臭を改善する食事をサポートしてくれるサプリはコチラ

 

知っておきたい体臭知識

TOPへ戻る